おいしいをおいしいままでお届け。茨城の農業、農産物を
世界へ広げる。農業支援と活性の使命に活動する団体です

蓮根豚

甘い豚肉です。お肉にうま味のある豚肉です。脂身があっさりとし、違いがわかります!!

蓮根豚は、全国一の生産量を誇る茨城県産の蓮根を飼料に活用して育てた豚のことです。試行錯誤の末、出荷前45日から通常の飼料に加えてミネラル豊富な茨城県産の生の蓮根を約15%混ぜた飼料を与えて大切に育てた、茨城県産の新銘柄豚肉です。

全国一の蓮根生産地の茨城県の中でも圧倒的なシェアを誇る霞ヶ浦湖畔地域。
湖岸という水源に恵まれたこの地域は気候も蓮根栽培に適しており、良質な蓮根が収穫されています。かすみがうら市で養豚場を営む廣原畜産の廣原賢さん、幸枝さんご夫妻は、もともと蓮根田の肥料として、蓮根農家に豚のたい肥を供給していました。
「蓮根と豚を利用して、地域の活性化につなげることはできないか」と考えた廣原さんは、2010年、折れや傷で商品にこそならないものの、品質は変わらない新鮮な蓮根を砕いて生のまま与えた豚"蓮根豚を開発。さらに、生産過程における豚の排泄物を、たい肥として蓮根田に還元することで、再び蓮根の成長へと繋げる"エコロジー循環型農業"に本格的に取り組み始めました。
試行錯誤の末、出荷前45日から通常の飼料に加えてミネラル豊富な蓮根を約15%混ぜた飼料で育てることで、脂があっさりとしたクセのない風味の"蓮根豚"が完成しました。

ご購入はこちら

写真:農家

蓮根豚の質問コーナー

蓮根豚ってなに?
蓮根豚は、その名の通り蓮根を食べて育った豚だトン。
どこで育てられているの?
茨城県かすみがうら市の廣原畜産で育てているトン。
どんな風に育てられているの?
茨城県は蓮根の生産日本一なんだ。その分規格外のものなどがたくさん出てしまうトン。そこで、その規格外の蓮根を豚に食べさせているんだ。さらに、その蓮根を食べた豚のフンは、発酵させて堆肥にしてまた、蓮根田に還元するんだトン。こうして、環境にやさしい循環型農業を構築して育てられた豚だトン。
蓮根を食べると豚にとって何が良いの?
豚が蓮根を食べると、よく噛んで食べることで健康になるよ。そうすると病気を気にしないで薬もあまり使わないで済むんだトン。
どんなお肉なの?
蓮根豚はとっても脂身に特徴がある豚肉なんだ。お肉は臭みが少なく、脂身はとってもあっさりしていて、甘みが感じられるんだトン。
お薬は使っているの?
蓮根豚は、蓮根を食べて育った蓮根を食べ始めてから、出荷まではお薬を使わないトン。

イラスト:ロータス君

蓮根豚イメージキャラクター ロータス君

蓮根の出来るハスはピンク色でなく、白い花が咲くんだよ!!